プロフィール

加藤学宏(かとうのりひろ)
1981年 愛媛県四国中央市生まれ
川崎市多摩区在住

【略歴】

大学にて情報工学を学んだのち、総合コンサルティング会社に勤務。
ITコンサルタントとして大手企業のIT活用を十余年にわたって支援。 
IoT、モバイルを中心に、コンサルティングおよび業務システムの構築に携わる。
企業情報システムを、提案・構想から保守運用まで幅広いフェーズと立場で経験。
映像制作スキルをプロ水準に引き上げるため、映像制作プロダクションにて経験を積む。

【資格等】

  • 宣伝会議「編集・ライター養成講座」総合コース 修了
  • 宣伝会議「編集・ライター養成講座」上級コース(米光一成講師) 修了
  • 宣伝会議「コピーライター養成講座」60周年記念講座 澤本嘉光クラス 修了
  • 上阪徹のブックライター塾 修了

 

  • ThinkBuzan社公認マインドマップ・プラクティショナー
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • MCPC モバイルシステム技術検定2級
  • 東京商工会議所 環境社会検定(eco検定)
  • 乙種第4類危険物取扱者

 

【資格等(ドローン関係)】

  • 国土交通省「無人航空機の飛行に係る許可・承認書」
    ※航空法で禁止されている条件下での飛行が日本全国で可能
(人口密集地域・イベント会場・第三者から30m未満)
  • アマナドローンスクール 修了
  • JUIDA会員・操縦技能証明証/安全運航管理者証明証
    ※一般社団法人 日本UAS産業振興協議会。
ドローンなどの無人航空機システムの普及活動を行う、国交省認定の団体

 

【趣味・興味】

任侠映画とポルノ小説研究。
大学時代にはジャズ研究部に所属し、トランペットを演奏。

【大切にしていること/なぜライターになったのか】

— 読者やクライアントが気づいていない、欲求や価値を整理し、「動かす」 —

「あたりまえのこと」と思われるかもしれませんが、この意識の有無が、あらゆる仕事の成否を分けると考え、つねに大切にしています。

***

製品やサービス、テクノロジー、思想、文化、企業・・・
それがどんなに素晴らしいものでも、知られなければ(伝わらなければ)存在しないのと同じです。

私はかつて「ITコンサルタント」という仕事に就いていました。
国内外の最新ビジネスやテクノロジーの情報に触れ、それを整理することが求められます。
そのなかで「素晴らしいのに、伝え方がヘタでもったいない」と感じることが多くありました。
また、もっとわかりやすくしてほしい、もっと伝えてほしい、という不満もありました。
そして、ビジネスとITが融合するときの興奮を、多くの人に感じてほしい。

だったら、俺がやってやろう。

コンサルタントの仕事は多様ですが、その多くは、相手を「動かす」ための資料づくりとプレゼンテーションにつながっています。
異業種への転向とはいえ、ライターの仕事にもきっと活かせるのではないか。人やメディアからの情報に触れ、ビジネスに活かしてきた立場が役に立つのではないか。
こういうとき、なにもかもが自分の都合のいいように解釈されるものです。

小学生の頃に抱いていた「伝えることは楽しい」「いつかメディアの仕事に携わってみたい」という思いは、灰にはならず、炭の状態で保たれていました。あとは火をつけてやるだけです。

しかし、炭にいきなり火をつけるのは、なかなか難しいもの。
それに、火はついても、すぐに消えてしまってはいけません。薪集め、囲い作りなど、いろいろな準備が必要です。
ファイナンシャルプランナーの勉強をしていたくせに、自分のお金が管理できず、着火剤にするお札が足りません。
上司や友人の中には、バケツや、控えめに霧吹きを持ってくる人もいます。それはケガをしないようにという優しさなのでしょうが。

結局、思い立ったときから1年半の月日を経て、私は会社を辞め、フリーランサーとしてライターの仕事を始めることができました。
伝える内容によっては、文章よりも映像の方が向いているという考えもあり、もともと好きだった映像制作を、勉強しなおしてサービスとしてご提供することにしました。

素敵な先輩ライター、かけがえのない友人、快く送り出してくれた上司・同僚。
みなさんが薪を足し、うちわで扇いでくださったことを、心から感謝しています。